(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2017年7月−理学療法士・作業療法士(日経ヘルスケア,2017/09)

2017年4月のPT・OTにおける常勤の賃金の総平均は、関東、近畿、四国の順に高かった。最高額平均のトップは関東で29万9371円、2位は近畿で29万2898円、3位は四国で28万7699円である。常勤の最低額平均の最下位は甲信越の19万1219円、次が北海道の20万481円、その次が東北の20…

Continue reading "(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2017年7月−理学療法士・作業療法士(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−DPCⅢ群からⅡ群になり増収したが… なぜか悩みが尽きない医事課長(日経ヘルスケア,2017/09)

 クライアントのDPC/PDPS(診断群分類別包括評価支払い制度)対象病院であるA病院の医事課長から、「2016年4月からなぜかDPCII群病院になります」とメールが来たのは同年2月のこと。許可病床380床のA病院は、7対1一般病棟入院基本料354床、ICU(特定集中治療室)6床、…

Continue reading "(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−DPCⅢ群からⅡ群になり増収したが… なぜか悩みが尽きない医事課長(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.4 リピーターが喜ぶアナログツール 「手作り」「手書き」で心をつかむ(日経ヘルスケア,2017/09)

 アナログツールのうち、意外に患者の心に「刺さる」と感じているのが、手書きメッセージ付きのハガキだ(図1)。特に高齢患者から好評を得ている。ハガキの郵送は、約9年前から行っている。

Continue reading "(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.4 リピーターが喜ぶアナログツール 「手作り」「手書き」で心をつかむ(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)ウオッチ2018 医療・介護大改革−療養病棟でのデータ提出の要件化を検討−中医協の入院医療等分科会、次期改定での導入には慎重な対応を求める意見も(日経ヘルスケア,2017/09)

 中央社会保険医療協議会の診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」は8月4日、療養病棟入院基本料や有床診療所入院基本料について議論した。 厚生労働省は同分科会で療養病棟の運営状況などを報告。医療区分2・3の患者割合は、入院基本料1(療…

Continue reading "(162円)ウオッチ2018 医療・介護大改革−療養病棟でのデータ提出の要件化を検討−中医協の入院医療等分科会、次期改定での導入には慎重な対応を求める意見も(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)NEWS−厚労省の2018年度概算要求、過去最高額の31兆4298億円(日経ヘルスケア,2017/09)

「介護事業所における生産性向上推進」に新たに9億円を計上 厚生労働省は8月25日、2018年度予算概算要求を公表した。要求額は2017年度当初予算比7426億円(2.4%)増の31兆4298億円で過去最高となった。高齢化に伴う年金や医療など社会保障関係費の増加額としては6300…

Continue reading "(162円)NEWS−厚労省の2018年度概算要求、過去最高額の31兆4298億円(日経ヘルスケア,2017/09)"

(108円)介護ビジネストピックス−マザアスが末期癌・難病患者向けホームを開設(日経ヘルスケア,2017/09)

エムスリーナースサポートと連携、医療依存度が高く終末期の入居者が主な対象 ミサワホームグループの介護事業者である(株)マザアス(東京都新宿区)は、住宅型有料老人ホーム「在宅ホスピス南柏」(22室、千葉県流山市)を9月中旬に開設する。主な入居対象…

Continue reading "(108円)介護ビジネストピックス−マザアスが末期癌・難病患者向けホームを開設(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−高齢者住宅「併設事業所」が狙い撃ち 逆境に強い運営モデルを確立せよ!(日経ヘルスケア,2017/09)

 A社のように、開設1年以内の実地指導は定例指導で、それ自体に問題はない。「当日、担当官から何か指摘されたら、素直に受け入れることが大事です。下手に虚偽や偽装を行うと傷口を広げますよ」と私は社長に忠告した。

Continue reading "(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−高齢者住宅「併設事業所」が狙い撃ち 逆境に強い運営モデルを確立せよ!(日経ヘルスケア,2017/09)"

(0円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−空床時代の医療・介護経営術(日経ヘルスケア,2017/09)

入院患者の在宅復帰や重症患者の受け入れなどを促す施策が打ち出される中、急性期から慢性期まで全ての病院機能で空床リスクが高まっている。介護施設や高齢者住宅でも、入所対象者の制限や競合激化などを背景に同様の傾向が表れ始めた。今後の人口減少も手伝…

Continue reading "(0円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−空床時代の医療・介護経営術(日経ヘルスケア,2017/09)"

(108円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−空床・空室リスクが高まり稼働率低下が顕著に(日経ヘルスケア,2017/09)

 病床や居室の稼働率が低下する病院、介護施設、高齢者住宅が目立ち始めた。厚生労働省の「医療施設(動態)調査・病院報告の概況」では2015年の全病床の利用率は80.1%で、2010年の82.3%から2.2ポイント下がった(図1)。長期入院が一般的で安定的に高い利用率を…

Continue reading "(108円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−空床・空室リスクが高まり稼働率低下が顕著に(日経ヘルスケア,2017/09)"

(270円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[TREND 医療編] 在宅復帰や重症患者受け入れの促進が影響(日経ヘルスケア,2017/09)

 空床リスクの増大は、急性期に限ったことではない。回復期リハビリ病棟では、2016年度改定でアウトカムに基づく評価が導入。リハビリによる患者の状態の改善を「実績指数」で評価し、一定の水準を下回る場合は1日6単位を超える疾患別リハビリテーション料が入…

Continue reading "(270円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[TREND 医療編] 在宅復帰や重症患者受け入れの促進が影響(日経ヘルスケア,2017/09)"

(432円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[CASE 医療編] 救急強化、紹介元への迅速対応などが鍵(日経ヘルスケア,2017/09)

 「院長に就任後、杉並区の二次救急事例のうち入院が必要な患者の7割が区外に入院していたことが分かった。救急病院として貢献しているとはいえないと感じた」と村井氏。そこで同氏は、急性期病院として生き残れなければ、回復期機能中心の病院にせざるを得…

Continue reading "(432円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[CASE 医療編] 救急強化、紹介元への迅速対応などが鍵(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[TREND 介護編] 入所対象の制限や介護人材不足…山積する課題(日経ヘルスケア,2017/09)

 これに対して、介護老人保健施設や特別養護老人ホームでも稼働率低下のリスクが高まっている(図2)。在宅医療や居宅サービス、高齢者住宅が充実してきて、重度者でも在宅生活を送れる環境が整い、介護施設への入所状況に影響を及ぼしつつある。 老健施設…

Continue reading "(216円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[TREND 介護編] 入所対象の制限や介護人材不足…山積する課題(日経ヘルスケア,2017/09)"

(432円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[CASE 介護編] 営業強化やサービス充実の取り組みが必要(日経ヘルスケア,2017/09)

 まず3カ月かけて、全入所者・家族と面談して事情を説明。退所後も同会の介護サービスなどで在宅生活を支えることを伝えたほか、以前から付き合いのあった特養や有老ホームに連絡し、在宅に戻れない入所者の受け入れを依頼した。面接を担った、副主任で支援…

Continue reading "(432円)特集1 空床時代の医療・介護経営術−[CASE 介護編] 営業強化やサービス充実の取り組みが必要(日経ヘルスケア,2017/09)"

(0円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−介護経営 合理化・効率化のコツ(日経ヘルスケア,2017/09)

介護の経営環境が厳しさを増す中、収益性を高めるために人件費の削減や拠点の統廃合など、経営合理化・効率化に本腰を入れる事業者が目立ってきた。様々な工夫を紹介する。(江本 哲朗)写真◎gettyimages…

Continue reading "(0円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−介護経営 合理化・効率化のコツ(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−[PROLOGUE] 「分かっちゃいるけどやめられない」 派遣・紹介料を1年で半減できた理由(日経ヘルスケア,2017/09)

 「この状況から脱却するには、職員や業務のあり方について抜本的に見直す必要があった」と山口氏。とはいえ、今すぐ定着率の向上や派遣・紹介の依存度を下げるのは難しい。そこで長期的な視野を持ち、まずは職員が働きやすく、やる気のある人が成長できる環…

Continue reading "(216円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−[PROLOGUE] 「分かっちゃいるけどやめられない」 派遣・紹介料を1年で半減できた理由(日経ヘルスケア,2017/09)"

(324円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−[CASE] 事業所管理費、残業代、研修費用… 前向きなコスト削減をどう達成する?(日経ヘルスケア,2017/09)

 組合の活動として現在、中心に据えているのが教育情報事業である(図3)。例えば、サービス提供責任者などを対象とした専門研修は、訪問介護の特定事業所加算の研修要件に合致した内容にしたことで、研修の付加価値を高めた。また、一般職員向けの講座も開…

Continue reading "(324円)特集2 介護経営 合理化・効率化のコツ−[CASE] 事業所管理費、残業代、研修費用… 前向きなコスト削減をどう達成する?(日経ヘルスケア,2017/09)"

(432円)特集3−退院後訪問指導 五つのポイント−自宅にも介護施設にも(日経ヘルスケア,2017/09)

 医療機関が退院後訪問指導を行うメリットは、退院後の患者の療養状態や生活環境を知ることで、ほかの入院患者に対しても生活に即した退院前指導を行えるようになることだ。退院患者は、在宅復帰後に直面した困っていることなどを相談できる安心感を得られる…

Continue reading "(432円)特集3−退院後訪問指導 五つのポイント−自宅にも介護施設にも(日経ヘルスケア,2017/09)"

(0円)特集4 診療所の一歩先行く集患術−診療所の一歩先行く集患術−新たなニーズはまだまだ地域にあり!(日経ヘルスケア,2017/09)

「外来患者数が減ってきた」「伸びない」——。人口減少や診療所の増加を背景に、近年、こんな悩みを抱える診療所院長は少なくない。地域に眠る新たなニーズを発掘してより質の高い医療サービスを提供し、集患につなげている事例を紹介する。

Continue reading "(0円)特集4 診療所の一歩先行く集患術−診療所の一歩先行く集患術−新たなニーズはまだまだ地域にあり!(日経ヘルスケア,2017/09)"

(378円)特集4 診療所の一歩先行く集患術−伸びる診療所は患者ニーズを上手にくみ取る(日経ヘルスケア,2017/09)

 同院の送迎で目を見張るのは、送迎範囲の広さだ。名張市全域はもちろん、三重県のみならず奈良県の一部までカバーしている(図2)。中でも奈良県御杖村や東吉野村などは山深いところにあり、人口が少ない上に、高齢化率がいずれも53%以上。

Continue reading "(378円)特集4 診療所の一歩先行く集患術−伸びる診療所は患者ニーズを上手にくみ取る(日経ヘルスケア,2017/09)"

(378円)データで見る 介護ビジネスマーケット動向−タイプ別の高齢者住宅運営数(日経ヘルスケア,2017/09)

2017年4月時点の高齢者住宅(介護付き・住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、認知症高齢者グループホーム)の運営数を法人(グループ)別に集計した。さらに開設地域別の居室数もまとめ、2012年4月時点と比較した。居室数の合計には、無届けホー…

Continue reading "(378円)データで見る 介護ビジネスマーケット動向−タイプ別の高齢者住宅運営数(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)実践! 経営者のための人事・労務入門−職員が私生活でけんか! 解雇できる?−自施設の信用の毀損度合いや本人・他職員の意見などを踏まえて慎重に判断を(日経ヘルスケア,2017/09)

A整形外科診療所に勤める職員のB男が先日、夜の繁華街で酒を飲み過ぎて知らない人とけんかをした。悪いことに、相手にけがをさせて警察に逮捕されてしまった。「困ったことになった」と感じたA院長は、B男を懲戒解雇すべきではないかと思い、顧問の社会保険労…

Continue reading "(216円)実践! 経営者のための人事・労務入門−職員が私生活でけんか! 解雇できる?−自施設の信用の毀損度合いや本人・他職員の意見などを踏まえて慎重に判断を(日経ヘルスケア,2017/09)"

(108円)開業の落とし穴−確定申告できるの? 頼りない税理士に怒りが大爆発(日経ヘルスケア,2017/09)

 開業して初めての確定申告を迎える内科医のA氏。経理関係は、開業時にお世話になった人に紹介してもらったB税理士に依頼していました。しかしB税理士は、新規開業の顧問経験がなく指導が不十分。

Continue reading "(108円)開業の落とし穴−確定申告できるの? 頼りない税理士に怒りが大爆発(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)クイズ在宅報酬 教えて! たんぽぽ先生−高額療養費制度が改正 患者の自己負担はどうなる?(日経ヘルスケア,2017/09)

執筆◎江篭平 紀子(医療法人ゆうの森・事務課長)監修◎永井 康徳(同理事長)大好評の書籍『たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル』の発刊に携わった医療法人ゆうの森・事務課長の江篭平紀子氏が執筆を担当し、「たんぽぽ先生」の愛称で親しまれる理事長…

Continue reading "(216円)クイズ在宅報酬 教えて! たんぽぽ先生−高額療養費制度が改正 患者の自己負担はどうなる?(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)院長力を磨く! 診療所経営駆け込み寺−院長の私が忙し過ぎて疲弊、業務を効率化するには?(日経ヘルスケア,2017/09)

開業から3年たち、来院患者数が増えて収入は安定してきたのですが、私自身の業務が多過ぎてうまく回せなくなってきました。最近では診療時間中に患者を待たせてしまうことも目立ってきており、「待ち時間が長い」とクレームを度々受けます。質を下げずに効率…

Continue reading "(162円)院長力を磨く! 診療所経営駆け込み寺−院長の私が忙し過ぎて疲弊、業務を効率化するには?(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)病医院トラブル110番日記−病医院トラブル110番日記(日経ヘルスケア,2017/09)

 第一に、キーパーソンは患者の娘ではなく息子であり、息子の理解を得る必要があること。A事務長は息子を、「近くに住んでもいないのに抗議の電話をかけてきたクレーマー」のように捉えているようだが、私は少し違う印象を持った。それは、インシデントリポ…

Continue reading "(162円)病医院トラブル110番日記−病医院トラブル110番日記(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)総合経営医Dr.ハイの「院長、ちょっと待って!」−SNSを知らずして医療経営は成らず(日経ヘルスケア,2017/09)

 「最近、私、ついていけないんです……」。400床クラスの急性期病院の看護部長がため息交じりに、こうつぶやいた。院長の経営方針についていけないのかと思ったが、どうやら違うようだ。若い看護師同士の会話でしきりと登場する「SNS」が悩みの原因らしい。

Continue reading "(162円)総合経営医Dr.ハイの「院長、ちょっと待って!」−SNSを知らずして医療経営は成らず(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)人から変える介護経営−“自立支援”に傾倒し過ぎたホーム 「虐待だ」と職員が反発する事態に(日経ヘルスケア,2017/09)

(株)ASFON  経営企画部長小嶋 勝利入居率低迷やサービスの質、労務管理などに悩む介護施設を再生させるため、(株)ASFONのコンサルタントは派遣職員や管理者として現場に“潜入”。実務に従事しながら組織の問題を解決している。今回、同社に依頼のあった…

Continue reading "(162円)人から変える介護経営−“自立支援”に傾倒し過ぎたホーム 「虐待だ」と職員が反発する事態に(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)そこが間違い!介護事故防止対策−第4回 調査報告書に家族が疑念 「検証不十分」と抗議−過去に誤嚥の兆候ないのに死亡事故(日経ヘルスケア,2017/09)

 以前は、「誤嚥事故の原因は嚥下機能障害である」と言われていましたが、最近では「誤嚥事故には嚥下機能だけでなく、口腔内での咀嚼(そしゃく)や食塊形成などを含めた摂食嚥下機能の全てが関わっている」と言われるようになりました。ですから、Aさんの…

Continue reading "(216円)そこが間違い!介護事故防止対策−第4回 調査報告書に家族が疑念 「検証不十分」と抗議−過去に誤嚥の兆候ないのに死亡事故(日経ヘルスケア,2017/09)"

(162円)情報パック−従来機種に比べて30%軽量化 テルフュージョン輸液ポンプ28型(日経ヘルスケア,2017/09)

NEW PRODUCTS従来機種に比べて30%軽量化テルフュージョン輸液ポンプ28型52万9200円(税込み)/2017年8月発売テルモ(株)0120-12-8195 輸液剤などの医薬品や血液を、設定した単位時間当たりの流量で持続的に送液するポンプ。操作方法は従来機種から変えることなく、軽…

Continue reading "(162円)情報パック−従来機種に比べて30%軽量化 テルフュージョン輸液ポンプ28型(日経ヘルスケア,2017/09)"

(0円)読者の声−読者の声(日経ヘルスケア,2017/09)

介護経営者を誰も守ってくれない 私どもの仕事は国が右と言えば右、左と言えば左へと動かざるを得ません。介護報酬は下がる一方で、介護職員の処遇改善が求められ、「労働者は守られても経営者は誰も守ってくれないのか」と感じてしまいます。 そんな中、生…

Continue reading "(0円)読者の声−読者の声(日経ヘルスケア,2017/09)"

(0円)編集部から−編集部から(日経ヘルスケア,2017/09)

2018年度の医療・介護制度改正、診療報酬・介護報酬ダブル改定までいよいよ半年余り。厚生労働省の中央社会保険医療協議会、介護給付費分科会では「2018大改革」に向けて議論が急ピッチで進んでいます。来年の大改革は、国が地域包括ケアシステムの完成を目指す2…

Continue reading "(0円)編集部から−編集部から(日経ヘルスケア,2017/09)"

(108円)はりきり院長夫人の七転び八起き−当院の評判は? とても気になる他医師の評価(日経ヘルスケア,2017/09)

当院に通院する患者さんを、他科の開業医に紹介することが時折ある。その場合、院長である夫はまず、その診療科でかかりつけの医院があるかどうかを聞く。もしなければ、患者さんの通院しやすさを考えた上で、「受け入れ先の医師が紹介を快く引き受けてくれる…

Continue reading "(108円)はりきり院長夫人の七転び八起き−当院の評判は? とても気になる他医師の評価(日経ヘルスケア,2017/09)"

(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2017年6月−介護職(日経ヘルスケア,2017/08)

2017年6月の介護職における常勤の賃金の総平均は、関東・近畿・東海の順に高かった。最高額平均のトップは関東で23万327円、2位は東海で22万1880円、3位は近畿で22万566円である。常勤の最低額平均の最下位は九州・沖縄の15万6519円、次が北海道の15万7384円、その次が四…

Continue reading "(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2017年6月−介護職(日経ヘルスケア,2017/08)"

(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−医療療養2に重症患者要件が導入 入院料減額され従来加算の算定も不可!?(日経ヘルスケア,2017/08)

 筆者のクライアントのA病院(95床)は人口20万人強の地方都市にある。以前は10対1一般病棟45床と療養病棟50床の構成だったが、2014年度診療報酬改定直後に一般病棟を地域包括ケア病棟に転換し、地域包括ケア病棟入院料1を算定している。もともと手術は行っていな…

Continue reading "(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−医療療養2に重症患者要件が導入 入院料減額され従来加算の算定も不可!?(日経ヘルスケア,2017/08)"

(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.3 閑散期の7月でも患者増を実現 リピーターに効く「LINE」(日経ヘルスケア,2017/08)

 デジタルのツールで今一番効果を感じているのが、メッセージのやり取りや通話を行うアプリ「LINE」の公式アカウントでの情報発信だ(図1)。公式アカウントは、利用者が「友だち」として登録することで、その利用者に直接メッセージを配信できる。LINEのメッセ…

Continue reading "(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.3 閑散期の7月でも患者増を実現 リピーターに効く「LINE」(日経ヘルスケア,2017/08)"

(216円)ウオッチ2018 医療・介護大改革−地域包括ケア病棟、機能によって評価する意見が大勢−中医協の入院医療等分科会、機能をどう分けるかが今後の焦点(日経ヘルスケア,2017/08)

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会・診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」が7月21日に開かれ、2018年度診療報酬改定に向けて、地域包括ケア病棟や回復期リハビリテーション病棟の現状、評価のあり方を議論した。地域包括ケア病棟について…

Continue reading "(216円)ウオッチ2018 医療・介護大改革−地域包括ケア病棟、機能によって評価する意見が大勢−中医協の入院医療等分科会、機能をどう分けるかが今後の焦点(日経ヘルスケア,2017/08)"

(162円)NEWS−外科系の高度急性期・急性期病棟の約7%が月の手術件数ゼロ(日経ヘルスケア,2017/08)

厚労省、病床機能報告で報告された病床機能と医療内容の関連性を分析 厚生労働省は7月19日の地域医療構想に関するワーキンググループで、2016年度病床機能報告の内容を分析した結果、同報告で高度急性期・急性期と報告された外科系病棟2031病棟のうち7.3%に当た…

Continue reading "(162円)NEWS−外科系の高度急性期・急性期病棟の約7%が月の手術件数ゼロ(日経ヘルスケア,2017/08)"

(108円)介護ビジネストピックス−ほくおうグループが自己破産を申請(日経ヘルスケア,2017/08)

高齢者住宅で北海道最大手、全事業を創生事業団に譲渡へ 北海道の高齢者住宅事業者で最大手の(株)ほくおうサービス(札幌市西区)およびグループ4社は7月14日、札幌地裁に自己破産を申請した。負債額はグループ全体で約43億3400万円(帝国データバンク調べ)…

Continue reading "(108円)介護ビジネストピックス−ほくおうグループが自己破産を申請(日経ヘルスケア,2017/08)"

(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−「科学的介護」のインパクトは? アウトカム評価への対応を急げ!(日経ヘルスケア,2017/08)

 厚生労働省が導入を進める「科学的介護」は今後、介護経営に大きな影響を及ぼすだろう(24ページ図1参照)。 例えば、ケアプラン。現在、その作成の主な根拠はケアマネジャーの知識と経験にある。

Continue reading "(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−「科学的介護」のインパクトは? アウトカム評価への対応を急げ!(日経ヘルスケア,2017/08)"

(108円)トレンドを読む−原澤 朋史 氏 厚生労働省医政局地域医療計画課課長補佐−病床機能報告は地域医療構想の要 実態をより正確に表した報告を(日経ヘルスケア,2017/08)

 「高度急性期機能」の定義は「急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて診療密度が特に高い医療を提供する機能」とされ、特定集中治療室やハイケアユニットなどが該当する病棟として想定されている。 しかし、「高度急性期」「循環器内科」と報告され…

Continue reading "(108円)トレンドを読む−原澤 朋史 氏 厚生労働省医政局地域医療計画課課長補佐−病床機能報告は地域医療構想の要 実態をより正確に表した報告を(日経ヘルスケア,2017/08)"

(0円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術(日経ヘルスケア,2017/08)

自院のポストアキュート機能を担うことの多い地域包括ケア病棟だが、在宅・施設入居者の緊急時受け入れ機能などを担うことで、新たな入院経路の確保や病床稼働率アップにつながる。転換を足がかりに入院経路を広げ、入院患者増につなげている病院の病棟活用術…

Continue reading "(0円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術(日経ヘルスケア,2017/08)"

(270円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−[TREND] 成否を握るのは「サブアキュート」機能(日経ヘルスケア,2017/08)

最近の新たな傾向として、15対1一般病棟や医療療養病棟から地域包括ケアへと病床機能を“ランクアップ”させる病院が出てきた。医療療養から地域包括ケアへの転換は実数としては7対1や10対1より少ないものの、2015年11月〜2016年10月には28病院から56病院に倍…

Continue reading "(270円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−[TREND] 成否を握るのは「サブアキュート」機能(日経ヘルスケア,2017/08)"

(432円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−[CASE] 介護施設、診療所などとの連携がカギ(日経ヘルスケア,2017/08)

 急性期病院からの転院のうち、8〜9割は岸和田徳洲会病院や市立岸和田市民病院、社会医療法人生長会・府中病院からの紹介だ。医療区分2・3以外の患者の転院も受けるようになったことで、これらの病院からの転院患者は2倍以上に増えた。 このほか、地域の医師…

Continue reading "(432円)特集1 患者を引き寄せる 地域包括ケア病棟活用術−[CASE] 介護施設、診療所などとの連携がカギ(日経ヘルスケア,2017/08)"

(0円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価(日経ヘルスケア,2017/08)

2018年度介護保険制度改正・介護報酬改定では、高齢者の自立支援の推進にインセンティブが設けることが検討されている。既に幾つかの自治体では独自のアウトカム評価を行い、状態像を改善させた事業所に報奨金などを付与しているところもある。こうした流れに…

Continue reading "(0円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価(日経ヘルスケア,2017/08)"

(216円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−[TREND] 2018年度は「改善インセンティブ元年」に(日経ヘルスケア,2017/08)

TREND2018年度介護保険制度改正では、高齢者の自立支援を推進した自治体に国から財政的インセンティブが与えられることが決まっている。さらに2018年度と2021年度の介護報酬改定で、アウトカム評価が本格導入されそうだ。 7月10日、厚生労働省は「平成29年度老人保…

Continue reading "(216円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−[TREND] 2018年度は「改善インセンティブ元年」に(日経ヘルスケア,2017/08)"

(324円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−[CASE] 「介護の質評価」を先行導入した3自治体(日経ヘルスケア,2017/08)

CASE介護サービスのアウトカム評価が重視される流れは止まりそうにない。事業者にとっては職員のモチベーション向上につなげるなど、プラスの影響に変えていきたいところだ。それぞれ異なるアプローチからアウトカム評価を導入している3自治体の事例を見ていこ…

Continue reading "(324円)特集2 いよいよ本格導入へ介護のアウトカム評価−[CASE] 「介護の質評価」を先行導入した3自治体(日経ヘルスケア,2017/08)"

(432円)特集3−病院と診療所の「win−win連携」−外来機能分化で大幅収入増も(日経ヘルスケア,2017/08)

長年の課題となっている急性期病院と診療所との外来機能分化は、2018年度診療報酬改定でも依然として主要な政策テーマの一つだ。ここでは、外来機能分化によって急性期病院が大幅な収入増を達成し、 診療所の経営も好転した「win-win連携」の事例を紹介する。

Continue reading "(432円)特集3−病院と診療所の「win−win連携」−外来機能分化で大幅収入増も(日経ヘルスケア,2017/08)"