(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2018年11月−看護師(日経ヘルスケア,2019/01)

2018年11月の看護師における常勤の賃金の総平均は、関東、近畿、東海の順に高かった。最高額平均のトップは関東で月給30万7136円、2位は近畿で29万3977円、3位は東海で29万68円である。常勤の最低額平均の最下位は九州・沖縄の19万3141円、次が四国の20万877円、その次が…
Posted in 未分類

(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−出来高の中小病院で目立つ抗菌薬過剰使用 イエローカード! 薬剤耐性化の促進が懸念(日経ヘルスケア,2019/01)

 厚生労働省は2018年3月の中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織(DPC評価分科会)で、「2016年度DPC導入の影響評価に係る調査『退院患者調査』の結果報告について」を公表した。その参考資料3の(4)「特定抗菌薬の使用状況」では、カルバペネム系抗菌薬に…
Posted in 未分類

(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.19 絶対に避けたい個別指導 開示請求で平均点数をチェック(日経ヘルスケア,2019/01)

 結論から言うと、当院は厚生局に医療機関別の診療科別平均値一覧表を開示請求して入手している。厚生局は2017年から、管轄する都道府県の医療機関の診療科別平均点数一覧表を公表するようになったが、開示請求するとより詳細なデータを得られる。 図1は、岡…
Posted in 未分類

(108円)介護ビジネストピックス−三井不動産レジが千葉・鴨川で大型有料老人ホームを着工(日経ヘルスケア,2019/01)

60歳以上の自立高齢者がメインターゲット、医療・介護サービスは亀田グループが提供 三井不動産レジデンシャル(株)(東京都中央区)は2018年12月、千葉県鴨川市で473室の大型有料老人ホームを着工した。2021年秋に開業予定で、当初は409室を一般居室、64室を介護…
Posted in 未分類

(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−多くの難題が待ち受ける2019年 介護医療院への転換準備は計画的に(日経ヘルスケア,2019/01)

 そのような中で昨年11月20日、財務省・財政制度等審議会が「平成31年度予算の編成等に関する建議」をまとめた。基本的には、5月23日に発表した同審議会の建議内容を踏襲しており、特に目新しいものはない。ただ、「介護」の項目の「地域医療構想を踏まえた介護…
Posted in 未分類

(0円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる(日経ヘルスケア,2019/01)

わが国は今後、人口構造の変化により、75歳以上高齢者の急増と現役世代の急減という二つの大きな問題に直面する。この難局を乗り越えるには、医療・介護の提供体制を変えるだけでなく、シニア世代の活用や健康寿命の延伸などを進めていく必要がある。“逆さ富…
Posted in 未分類

(378円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part1 全体動向 「2025年モデル」の次は「2040年問題」が浮上(日経ヘルスケア,2019/01)

 社会保障・税一体改革は、高齢者が重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で安心して暮らせる「地域包括ケアシステム」の構築を目指して進められることになった。早期の在宅・社会復帰を可能にするため、病床機能の分化・強化を進め、急性期の病床では医…
Posted in 未分類

(162円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part2 先行3法人の「2025年」戦略 将来の医療・介護需要を見据えて機能を強化 ケース1 社会医療法人弘道会(大阪府守口市)−診療情報の開示などで地域と連携推進(日経ヘルスケア,2019/01)

Part2先行3法人の「2025年」戦略2025年に向けて医療・介護の需要は大きく増えるが、その需要の伸びや内容は地域により異なる。先行する法人では、将来の需要の変化をにらんで必要な機能を強化したり、地域に不足するサービスの提供などに着手している。 社会医療…
Posted in 未分類

(162円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part2 先行3法人の「2025年」戦略 ケース2 医療法人中津第一病院(大分県中津市)−かつての老人病院が選んだ未来像 一時的な空床で人員体制整え病床機能再編(日経ヘルスケア,2019/01)

 同院が病床再編に乗り出したきっかけは、2014年度診療報酬改定で地域包括ケア病棟が新設されたこと。その際、主に三つの策を講じた。(1)病床の一部を一時的に休床し、人員にゆとりのある体制での急性期後の対応強化、(2)泌尿器外科・高齢者診療の機能強化…
Posted in 未分類

(162円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part2 先行3法人の「2025年」戦略 ケース3 (株)エムダブルエス日高(群馬県高崎市)−ビッグデータ活用で通所介護の質向上 交通弱者のための送迎サービスも実験(日経ヘルスケア,2019/01)

 さらに北嶋氏が「ポスト2025年」を見据えて挑戦しているのが、地域高齢者の支援だ。「高齢化が進むと、運転免許証の返納などで行動範囲が著しく制限される人が増える。『買い物弱者』や『交通弱者』という地域課題にいかに向き合うかが重要になる」と北嶋氏…
Posted in 未分類

(270円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part3 2040年に向けた議論がスタート 「現役世代の人口急減」への対策が鍵に(日経ヘルスケア,2019/01)

 (1)の多様な就労・社会参加では、働く意欲がある高齢者が活躍できるように、65歳以上の高齢者の雇用・就業機会を確保したり、現在40歳代後半の就職氷河期世代に対する就職支援などを強化する。 外国人介護人材活用(2040年を読み解くキーワードを40ページのP…
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 外国人や元気高齢者、AI・ロボットも“総動員” 多様な就労・社会参加 外国人介護人材活用−「特定技能」で介護は5年で最大6万人就労(日経ヘルスケア,2019/01)

 2019年4月、改正出入国管理法(入管法)が施行される。新たな在留資格「特定技能」の創設が目玉だ。一定の専門性・技能を有する即戦力の外国人を広く受け入れ、日本の外国人労働者施策は大きな転換点を迎える。
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 健康寿命の延伸 フレイル対策−週1回の体操とプリント学習で健康維持(日経ヘルスケア,2019/01)

Part4 2040年を読み解くキーワード 福岡県北九州市や山口県下関市を中心にドラッグストア・調剤薬局を展開する(株)サンキュードラッグ(北九州市門司区)は、地域の高齢者向けに「いきいき健康長寿講座」を行っている。週1回3時間、全11回のプログラムを門司…
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 健康寿命の延伸 仕事付き高齢者向け住宅−農業施設を作り、入居者が野菜を生産(日経ヘルスケア,2019/01)

 トレファームでは、ルッコラやレタスなど1カ月半程度で収穫できる葉物野菜を中心に栽培する。収穫した野菜はイオン藤沢店で販売したり、近隣の農家レストランに買い取ってもらっている。イオン藤沢店で販売した際は、野菜の袋詰めや値札の貼り付け、当日の…
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 医療・福祉サービス改革 オンライン診療・服薬指導−移動負荷は減るが患者への操作支援が必須(日経ヘルスケア,2019/01)

 福岡市の特区事業に手を挙げたのが、機能強化型在宅療養支援病院の医療法人貝塚病院(福岡市東区、199床)だ。在宅診療件数は月に約400件だが、在宅診療を主に担っている医師は2人。「効率化を進める必要に迫られている中で、国家戦略特区の事業への参画依頼…
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 医療・福祉サービス改革 介護助手−片づけや掃除などを元気高齢者が担う(日経ヘルスケア,2019/01)

Part4 2040年を読み解くキーワード 元気な高齢者に「介護助手」として働いてもらう取り組みが広がっている。 三重県老人保健施設協会は、地域医療介護総合確保基金の助成を受け、県内の介護老人保健施設で元気な高齢者に介護助手として働いてもらうモデル事業…
Posted in 未分類

(108円)特集1 Road to 2040 人口構造の激変で医療・介護はどう変わる−Part4 2040年を読み解くキーワード 医療・福祉サービス改革 AI(人工知能)・介護ロボット−2019年から本格的な普及が始まる(日経ヘルスケア,2019/01)

 AI(人工知能)を用いたケアプランの作成や介護ロボットなどの活用が実用段階を迎えている。(株)シーディーアイ(東京都中央区)は2018年10月から、AIを活用し、ケアマネジャーに自立支援型ケアプラン作成を支援するサービス「MAIA」の商用販売を開始した。利…
Posted in 未分類

(0円)特集2 デキる事務職員の育て方−デキる事務職員の育て方−病院経営難時代の必須対策(日経ヘルスケア,2019/01)

病院が間断なく直面する経営課題に、トップ1人で対応する時代は終わった。求められるのは、事務職総出で臨む体制だ。単純な事務作業から脱却し、創意工夫を凝らして問題解決を図る─。デキる事務職員の育成に力を注ぐ先進モデルを紹介する。
Posted in 未分類

(432円)特集2 デキる事務職員の育て方−医療現場と対話する仕組み作りを(日経ヘルスケア,2019/01)

 1人事務長制度では、事務部門以外の部署に事務職員1人が事務長として常駐(図2)。配属先の職員と日ごろから意思疎通を図って課題を浮き彫りにし、経営陣や関連部署に働きかけて早期解決を図る仕組みだ。 配属部署は、それまで事務職員が未配置だった医局や…
Posted in 未分類

(0円)特集3 いまどきサ高住ファンをつかむ秘訣−いまどきサ高住のファンをつかむ秘訣(日経ヘルスケア,2019/01)

サービス付き高齢者向け住宅は制度創設から7年がたち転換期に突入した。施設数の伸びが鈍化する一方、競争の激化により入居率の深刻な低迷に見舞われる施設が散見される。そんな中、高い入居率を保ちながら、入居者、職員の心をつかむ施設もある。
Posted in 未分類

(378円)特集3 いまどきサ高住ファンをつかむ秘訣−高齢者の真のニーズをつかめるか(日経ヘルスケア,2019/01)

2011年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正により創設されたサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。国の補助金、優遇税制、公的融資を背景としてサ高住の登録戸数は飛躍的に伸び、2018年11月時点で23万7194戸に達した。だが、サ高住の運営は現在、転…
Posted in 未分類

(324円)REPORT 診療所−有床診の医療・介護併用モデルに追い風−改定で入院収支改善、次の一手にショートステイや介護医療院(日経ヘルスケア,2019/01)

 2018年4月の診療報酬改定で、厚生労働省は地域包括ケアシステムにおいて有床診療所が担うべきモデルを示し、様々な誘導策を盛り込んだ(表1)。「医療・介護併用モデル」という別称から分かるように、医療のほか介護サービスも提供するというモデルで、通所リ…
Posted in 未分類

(324円)データで見る 介護ビジネスマーケット動向−地域別の事業所数ランキング−在宅系サービス(日経ヘルスケア,2019/01)

 訪問介護、訪問看護、通所介護(地域密着型とそれ以外)について、エリア別の事業所数を自治体等へのヒアリング調査により集計した。その上で、運営に関連性が見られる事業者をグループ化し、事業所数順に並べた。 74ページでは、上記の3サービスと居宅介護…
Posted in 未分類

(216円)実践! 経営者のための人事・労務入門−今春に迫った働き方改革 どう対応すればいいか分からない−時間外労働の管理と年休5日取得から着手を(日経ヘルスケア,2019/01)

介護老人保健施設C荘のA事務長は、ニュースで連日目にする働き方改革について、いまだ全体像を把握できない。今春までの対応を迫られるものもありそうだが、C荘で具体的に何をすべきかも分からないという状況。そこで、顧問の社会保険労務士に今後の対応スケジ…
Posted in 未分類

(162円)クイズ在宅報酬 教えて! たんぽぽ先生−在総管などの報酬にある単一建物診療患者ってなに?(日経ヘルスケア,2019/01)

執筆◎江篭平 紀子(医療法人ゆうの森・業務サポート室室長)監修◎永井 康徳(同理事長)好評書籍『たんぽぽ先生の在宅報酬算定マニュアル』の発刊に携わった医療法人ゆうの森・業務サポート室室長の江篭平紀子氏が執筆し、「たんぽぽ先生」の愛称で親しま…
Posted in 未分類

(162円)院長力を磨く! 診療所経営駆け込み寺−事務部門のアウトソーシング どうすればうまくいく?(日経ヘルスケア,2019/01)

レセプト業務時間:レセプトチェック担当1人が中間チェックとして週1回3時間行うほか、月初の5営業日は受付の3人でレセプト処理を行い、3人とも1営業日当たり3時間の残業(1人1時間1000円)が発生 この体制では、中間チェックに要する人件費は「3時間/週×4週×1000…
Posted in 未分類

(162円)総合経営医Dr.ハイの「院長、ちょっと待って!」−医師の働き方改革 鍵は勤怠管理にあり(日経ヘルスケア,2019/01)

 医療機関の職員の勤務実態を把握する必要性が増している。特に「働き過ぎ」といわれる医師の勤務内容を経営者が押さえていなければ、過重労働につながりかねない。 厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」では2018年2月末、「医師の労働時間短縮に…
Posted in 未分類

(216円)そこが間違い!介護事故防止対策−第19回 死亡の責任を問う長男に「施設の責任はない」と回答−家族が食事介助中に入所者が意識不明(日経ヘルスケア,2019/01)

第19回(株)安全な介護 代表  山田 滋 特別養護老人ホームA荘に入所しているNさん(93歳女性、要介護3)。食事形態は粥と軟菜食ですが、摂食嚥下機能に問題はなく、誤嚥を起こしたこともありません。 義理の娘(長男の妻)は頻繁に面会に来ており、その…
Posted in 未分類

(162円)情報パック−軽量・小型の超音波診断装置 Vscan Extend R2(日経ヘルスケア,2019/01)

NEW PRODUCTS軽量・小型の超音波診断装置Vscan Extend R298万円(税抜き)/2018年11月発売GEヘルスケア・ジャパン(株)0120-202-021 軽量・小型でポケットに入る超音波診断装置。検査時に描出される画像の輝度をボタン一つで自動的に調整する「自動画像最適化機能」に…
Posted in 未分類

(0円)読者の声−読者の声(日経ヘルスケア,2019/01)

次の10年、20年を模索中 経営コンサルタントとして働いています。これまで20年間、医療・介護・高齢者住宅の分野で手がけるべきことは尽くしてきた感があり、次の10年、20年で開拓すべき新しい分野があるのか見えてこないのが実情です。 医療では、これまで経…
Posted in 未分類

(0円)編集部から−編集部から(日経ヘルスケア,2019/01)

野党および様々なメディアから強烈に批判されながらも、改正出入国管理及び難民認定法(改正入管法)が昨年12月に成立。今年4月に新たな在留資格「特定技能」が創設されます。介護分野においては、2017年に在留資格「介護」の創設、技能実習制度への介護職種の…
Posted in 未分類

(216円)医療・介護スタッフ賃金速報 2018年10月−理学療法士・作業療法士(日経ヘルスケア,2018/12)

2018年10月のPT・OTにおける常勤の賃金の総平均は、関東、近畿、東海の順に高かった。最高額平均のトップは関東で月給29万9890円、2位は近畿で29万808円、3位は東海で28万3331円である。常勤の最低額平均の最下位は甲信越の20万2760円、次が北海道の20万3218円、その次が東…
Posted in 未分類

(162円)コンサルタント工藤高の病院経営最前線−地ケア入院料の在宅復帰先見直しの衝撃! 老健施設にも大ダメージを与える内容に(日経ヘルスケア,2018/12)

 さらに、今年4月1日時点で新しい計算式がいつから適用されるのか明確ではなかったことが、医事課長の心配を増幅させた。2017年10月から2018年3月までの6カ月間の実績が4月に適用されれば、A病院は在宅復帰率の基準をいきなり満たせないことになるからだ。 その…
Posted in 未分類

(162円)宮原院長の実践!新クリニック経営術−vol.18 自院の立ち位置を分析しよう! Excelで作れる経営数値把握表(日経ヘルスケア,2018/12)

 当院ではExcelで作成した「経営数値把握表」を活用している。レセプトのデータや問診票のアンケートの回答内容などをExcelに入力して集計したもので、月次で入力することで経時的な変化や前年からの変化が一目で把握できる。データ入力用のマニュアルを作成し…
Posted in 未分類

(216円)NEWS−新しい介護職員等の処遇改善、新加算の算定要件を議論(日経ヘルスケア,2018/12)

同一サービスでも配置の手厚さなどに応じて差、他職種には傾斜配分する案などを提示 社会保障審議会・介護給付費分科会では、2019年10月の消費税率の引き上げに伴い、その財源を用いて実施する介護職員等の「さらなる処遇改善」や報酬引き上げの方向性などにつ…
Posted in 未分類

(108円)介護ビジネストピックス−介護大手各社の2019年3月期中間決算出そろう(日経ヘルスケア,2018/12)

各社が増収を達成、ニチイ学館は営業最高益 介護サービス大手各社が2019年3月期中間決算を発表した。今回集計した主な大手企業はいずれも前年同期比で増収となり、大半で営業利益が増加した(表1)。 最大手のニチイ学館は、介護部門の売上高が755億900万円(前…
Posted in 未分類

(162円)コンサルタント小濱道博の介護経営を斬る!−介護職の働き方が大きく変わる! 経営者は意識改革できるのか?(日経ヘルスケア,2018/12)

 「働き方改革」を推進する国策の下、労働基準法が改正され、2019年4月から従業員の有給休暇の取得が義務づけられる。有休10日以上の権利がある従業員に対し、使用者は1年間に5日以上の有休を消化させなければならない(24ページ図1)。パート職員でも所定の要件…
Posted in 未分類

(108円)トレンドを読む−関 雅史 氏 (株)東京商工リサーチ 情報本部 経済研究室 課長−介護事業者の倒産が過去最多 原因は見通しの甘さと人手不足(日経ヘルスケア,2018/12)

2018年1〜10月の老人福祉・介護事業の倒産件数は88件と過去最多ペースで推移しており、通年でも過去最多を更新する勢いだ。病院・医院の倒産についても1〜10月で37件となり、通年でもリーマンショック後の2009年(59件)以来の40件超えとなる見通しで、増加が目立っ…
Posted in 未分類

(0円)特集1 地域包括ケア時代の“営業術”−地域包括ケア時代の“営業術”−アウトカムの見える化や地域連携の充実に活路!(日経ヘルスケア,2018/12)

地域包括ケアシステムが浸透しつつある中、医療機関や介護施設・事業者の“営業活動”にも変化が求められてきた。ポイントは、医療と介護の密な連携と地域へのアピールだ。地域住民の生活支援も視野に入れた、日ごろの地域との接点づくりがますます重要になっ…
Posted in 未分類

(216円)特集1 地域包括ケア時代の“営業術”−全体動向 「医療・介護一辺倒」から脱却、地域全体を視野に(日経ヘルスケア,2018/12)

住民が住み慣れた地域で最期まで暮らせる環境整備を目的とした地域包括ケアシステムは、ここ数年で医療・介護現場にだいぶ浸透してきた。それに伴い、入院から在宅まで医療・介護機能の切れ目のない連携が各地域で一層重要になっている。
Posted in 未分類

(0円)特集2 どう生かす? 2018改定の新設加算−どう生かす?2018改定の新設加算−介護の質を高める契機に(日経ヘルスケア,2018/12)

2018年度介護報酬改定では数々の加算が新設されたが、算定する事業所が少ない加算も目立つ。そうした加算の算定を始めている事業者は業務改善や介護の質の向上に生かし、2025年に向けての布石としている。…
Posted in 未分類

(432円)特集2 どう生かす? 2018改定の新設加算−生活機能向上連携加算算定は数%(日経ヘルスケア,2018/12)

地域の事業所間の連携や介護の質の向上につながる業務プロセスを評価する加算も新設された。しかし、独立行政法人福祉医療機構の「平成30年度介護報酬改定の影響に関するアンケート結果」を参照すると、改定からまだ3〜4カ月時点の結果という点を考慮しても、算定する事業所がかなり少ないという加算も目立つ。
Posted in 未分類

(0円)特集3 変わり始めた地域医療構想−変わり始めた地域医療構想−初期の“混乱”乗り越え独自色を模索へ(日経ヘルスケア,2018/12)

各地で地域医療構想調整会議が始まってからおよそ1年半。当初の病床機能報告と病床の必要量をめぐる議論の混乱を乗り越え、調整会議では地域ごとに特色ある取り組みが見られるようになってきた。各地の最新動向を紹介する。
Posted in 未分類

(324円)特集3 変わり始めた地域医療構想−「停滞」乗り越え、現実的な議論へ移行(日経ヘルスケア,2018/12)

 病床機能分化・連携のモデルの一つには、公立病院の統合再編が挙げられている。全国的にも数多く実施・検討される兵庫県では、統合再編後の新病院と周囲の医療機関との役割分担や連携について、調整会議で協議することを検討している。 同県…
Posted in 未分類

(270円)特集3 変わり始めた地域医療構想−県の課題解決のため独自の工夫を凝らす−奈良県(日経ヘルスケア,2018/12)

 調整会議の運営も、実のある協議につながるよう知恵が絞られている。「断らない病院」「面倒見のいい病院」のように分かりやすいメッセージを提示。病院が取り組む内容としては、ステップ1「今すぐできる:連携の強化」、ステップ2「今からや…
Posted in 未分類